ウーマンの体

体重コントロールはアミノ酸が鍵|こんなダイエット法もある

腸と全身の健康のために

女性の腹部

溶けにくい乳酸菌

腸の働きを良くするためには、乳酸菌の摂取が必要となっています。しかし乳酸菌は胃酸で溶かされやすいため、摂取してもうまく腸に届きません。その点を考慮して作られた乳酸菌サプリメントが、善玉菌のチカラです。善玉菌のチカラは具体的には、カスピ海ヨーグルトに含まれている、クレモリス菌FC株という乳酸菌で作られています。カスピ海ヨーグルトには、通常のヨーグルトと異なり、水に溶けにくい性質があります。そのためクレモリス菌FC株もまた水に溶けにくく、摂取した場合には、胃で溶けることなく腸まで運ばれていくのです。乳酸菌は乳製品を食べることでも摂取できますが、それよりも高い効果が期待できることから、善玉菌のチカラは注目を集めています。

働きが悪くなることで

腸の働きが悪くなると、便が出にくくなり、体はその悪影響を受けるようになります。具体的には、硬くなった便によって腸の粘膜が刺激され、ポリープや潰瘍ができたりするのです。さらに、これらによって大腸がんを発症するリスクが高くなります。また、体内の免疫細胞の多くが腸に集まっているのですが、腸の状態が悪くなると、免疫細胞もしっかりと働かなくなります。これにより体は細菌やウイルスの影響を受けやすくなりますし、さらにはがん細胞も増殖しやすくなります。このように腸は、全身の健康状態を左右する臓器なのです。逆に言えば、腸の働きを良くすることで、健康状態を良くしたり、それを維持したりすることが可能になるわけです。そのため多くの人が、効率良く腸の働きを高めることのできる善玉菌のチカラを利用しています。